開発者ブログ

こちらで、​ゲームの進捗情報やイベントへの出展情報などをお知らせしています。

サークルキャラ差し込み
  • shoooori

[#005]主人公の役割とは?

作中に主人公のグラフィックを表示するかしないかを考えていたとき、どちらも試してみた上で、最終的に表示しないパターンを採用しました。立ち絵を表示しないほうが、より自分ごととしてなぞらえて受け取りやすいように感じたからです。


大抵の物語には主人公がいますが、伝記やドキュメンタリーでない限り(時にはこれらの場合であっても)、主人公に共感できるほうが没入感は高まります。主人公の役割は、「物語(虚構)と現実の橋渡し役」だと言えそうです。


それでは、より共感してもらうためには、主人公は現実にいそうな人(読み手の一般的なモデル)に近づけるのがベストなのでしょうか?少年漫画やアメコミのヒーローには共感できないのか?といえばそうではないはずです。 そこで、描かれるべきは、個のキャラクターとしての魅力だけでなく、それ以上に、人間の普遍的な欲求や葛藤こそが大事なのではないか?言い換えるなら、「主人公にとっての自己実現」こそが作品のテーマとなるべきなのではないか?と考えました。


奇抜な設定はあくまでも舞台演出上のギミックでありテーマではありません。極論を言ってしまえば、キャラクターにリアリティがあれば、舞台設定がいつ・どのような場所であっても自然と物語が広がっていく、と言っても良さそうです。


ここから、どのようにシナリオを作るべきか?という疑問は、どのように生きたキャラクターを作り上げていくのか?という課題へと受け渡されていくことになります・・・

 

主人公の浦森光樹くん。全方向で使用できる立ち絵を用意していたのですが、泣く泣くお蔵入りとなりました。↓


閲覧数:43回

関連記事