開発者ブログ

こちらで、​ゲームの進捗情報やイベントへの出展情報などをお知らせしています。

サークルキャラ差し込み
  • shoooori

[#010]カメラワークによる印象変化

「同じ立ち絵・背景素材を使用しても、変化を感じるような画面演出を作れないか?」


そう考え、映画やアニメのカメラワークを参考にしました。以下はその一例です。


CU(クローズアップ)

キャラクターの表情を見せたいときに使用します。


BS(バストショット)

通常の会話シーンで使用します。会話の内容をより強調したいときに使用します。


WS(ウエストショット)

通常の会話シーンで使用します。BSに比べ、背景も広く画面に入るため状況説明がしやすいです。


KS(ニーショット)

遠目からキャラクターを眺めるようなシーンや、複数人登場させる際の位置関係に変化をつける際に使用します。


LS(ロングショット)

あえて遠い距離から映し、背景と合わせて徐々にキャラクターにズームインしていくような動きのあるシーンで使用します。


2S(ツーショット)

どのような位置関係で画面におさめるかによって、そのシーンでの人物の関係性が変化します。

並置型

対置型


3S(スリーショット)

2Sと同様に、画面におさめる位置の違いで関係性が変化します。


GS(グループショット)

4人以上おさめる場合。関係性というより、状況説明的に配置をする場合が多いです。


このように、同じ素材を使用しても、画面上の配置の仕方によって印象の変化をつけることができます。


次回は引き続き、画面上の位置関係や構図による意味の変化について、まとめてみたいと思います。

閲覧数:61回

関連記事