開発者ブログ

こちらで、​ゲームの進捗情報やイベントへの出展情報などをお知らせしています。

サークルキャラ差し込み
  • shoooori

[#018]キャラクター紹介その2

前回に続いて、キャラクター紹介を行なっていきます。続いては主人公の幼馴染とその友人たちについて。


光樹の幼馴染で1つ年上のお姉ちゃん。成績は常に学年上位。女子テニス部の主将を務め、後輩たちからの羨望を集めるなど、まさに文武両道。それゆえに学園のちょっとした有名人として、周囲から近づきがたい存在になってしまっている。昔から梨沙を知る光樹としては、梨沙の少し抜けた性格や、お節介焼きで強引なところなどを彼女の本質として捉えているのだが、何となく昔のような距離感ではいられなくなってきていることに一抹の寂しさを感じ始めている。


光樹と梨沙の幼馴染で1つ年上の兄貴分。パーフェクト超人な生徒会長・・・と周囲からは思われているが、その破天荒っぷりに昔から梨沙は手を焼いてきた。光樹からしてみれば、日常に刺激をもたらしてくれる好人物であり、困ったときの相談相手として頼りにしてきた。たとえ唐突な思いつきや突拍子もない考えであっても、本人のやることなすこと不思議と上手くいくことが多い。学園をより良い場所に変えたいと思っており、その熱い気持ちを胸のうちに隠している。


柘田である。彼の本名は誰も知らない。柘田は道を極める。それは武の道か、はたまた漢としての生き様なのか。光樹とは昔馴染みの悪友である。といっても非行に走るわけではなく、日常の面白おかしいことを一緒に探索するだけの遊び友達である。そんな柘田に、秀人があることないこと吹き込んでけしかけ、とんでもないことが起こる・・・というのがお約束。クラスは2年D組。光樹の所属するC組とは犬猿の仲(だと本人は思っている)。


梨沙の友人。モデル顔負けのクールビューティーなお姉さん。梨沙と並んでいると注目されないわけがないのだが、本人は自分の容姿に頓着しないのか、わりと冷めた態度である。現実の物事を見る梨沙に対し、どこか厭世的な立ち位置から観察をしている節があるが、それは自分以外の物事に対する純粋な興味からきている。光樹のマイペースさとはわりと波長が合うようで、光樹と出会うことで彼女の興味(やってみたいこと)は広がっていく。


以上、キャラクター紹介第2弾でした。次回も引き続きキャラクター紹介をしていきます。

次回の更新をお楽しみに!

閲覧数:31回

関連記事